ガードルは、1,000円以内の商品や数万円する商品など、価格帯には幅があるようですが、安いガードルで効果が期待できれば、安い方が良いと思います。
そこで、安いガードルのおすすめについて調査しました。

(安いガードルは効果なし?)

安いガードルの代表格と言えば、1,000円以内で購入できるユニクロのガードルです。

ユニクロのガードルはシンプルなタイプのため、チョットした利用には向いているものの、本格的なボディメイクには向いていないようです。

・2,000円台から3,000円台がおすすめ!
2,000円台から3,000円台のガードルは、骨盤サポートやウエストケアなどにアプローチするタイプが多く、商品選び次第では十分効果が期待できます。

そのため、安いガードルだから効果なしとは限らず、商品次第では安いガードルでもボディメイクにおすすめです。

(安いガードルのおすすめは?)

・機能性に着目
安いガードルを選ぶ際は、引き締め機能など機能面へのこだわりに着目する選び方がおすすめです。

例えば、ギュギュギュというガードルは、リーズナブルな価格でも骨盤サポートや姿勢改善、美尻ケア、美腰ケアなどにアプローチするため、安いガードルでもおすすめです。

・サイズ選びも大切!
ガードルは、自分の体型に合った物を履くことも大切なポイントのため、安い高いに限らずガードルを探す際はサイズ選びできる商品がおすすめです。

因みに、ギュギュギュは複数のサイズから選べるので、安いガードル商品の中でもダントツおすすめです。

【あなたにオススメ】骨盤ガードル「ギュギュギュ」

ガードルの履き方の順番は?

パンティストッキングとガードルを使用する場合、履き方の順番に迷う方も多いと思います。
そこで、ガードルの履き方の順番について調査しました。

(ガードルの履き方の順番を調査!)

ガードルの履き方の順番について調査したところ、履き方によってメリットやデメリットが変わるようです。

・ガードルを先に履く場合
パンティストッキングよりガードルを先に着用する履き方は、ガードルの縫い目やレースがひびき難いや、裾からはみ出しやすいお肉をカバーできるなどのメリットがあります。

この履き方のデメリットは、パンティストッキングがずり下がりやすくなるという点のため、履く方の優先部分によって履き方の順番を決めるのが良いと思います。

・ガードルを後に履く場合
パンティストッキングを先に履くとガードルのすべりが良くなり、裾が肌に食い込む難いというメリットがあります。

一方、すべりが良い分、ガードルとの素材の組み合わせによっては、裾がずり上がりやすくなるというデメリットが考えられます。

ガードルの履き方の順番は、それぞれにメリットやデメリットがあり、履き方の順番としてはガードルを後に履く人が多いようです。

また、ガードルの種類によっては、履き方の順番に左右されないケースもあるので、順番は個々の状況によって変える履き方がおすすめです。

おすすめガードル体験談

女性は年齢とともに体型の悩みが増えることが多いかと思います。

補正下着をつけ体型をよく見せたいという方、今回実際に着用し良かったと思うガードルについてご紹介したいと思います。
ワコールのSUHADAシリーズの肌リフトガードルが実体験の中でとてもおすすめです。

なぜおすすめかと言うと着用の楽さがとてもおすすめです。NANOテープという特殊なテープを採用しておりキツすぎない圧迫で着用することができます。

キツくないとお肉が逃げてしまうのではないかと心配になりますが、そんなことはございません。
長時間しっかりと綺麗な形を保つことができるのです。

また丈の長さにもよりますがぽっこりお腹を抑えヒップアップを両方実現できるところがとてもおすすめでありヒップアップをする際にも手で持ち上げながら着用することはしなくてもそのままスッと履くだけでヒップを持ち上げてくれるのがこちらのガードルの素晴らしいポイントです。

販売員さんからオススメされ半信半疑で購入しましたが、実際に何度か履いてみた結果満足度が高かった為リピートしてしまう程オススメです。是非みなさんもお試しください。

ふとももまであるガードルは便利

ガードルというと、いろいろな種類があるので場面に合わせて使い分けることにしています。仕事の時には、しっかり骨盤を固定することができるものを履くことにしています。

すると、腰が座っている間に楽だし、なんといっても履くことによりそのままで骨盤矯正をすることが出来るのはとても魅力です。

また運動をする時も、ガードルを履くことがあります。締め付け感があるので、血流が良くなるんですね。足を上げたり、下げたりするたびに血流が良くなったり悪くなったりするのでそれがいいみたいです。

私が特に気に行っているのは、服をしっかり着こなすことができる太ももまであるガードルです。ガードルの場合は、ショーツのような感じのものもありますね。それだと、私のように太ももが太い人は、スカートを履く時も困ります。

太もも途中で、上がらなくなることもあるからです。また一番いいと思うのは、やっぱりパンツスタイルを恥ずかしくないように履けることです。

ガードルを産後に履く必要性

産後にガードルを履く事で期待出来る効果は、お腹や太もも等の気になる部分をカバー出来る所です。妊娠中は身体が重くなったりお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす事が懸念されるため妊娠前に比べると身体を動かす機会が減ります。

その結果として、出産を終えると予想以上のお腹のたるみや皮下脂肪にショックを受ける事があります。産後にガードルを着用すると、ボディーラインを無理しないで整えてくれます。美しくいたい女性にとっては、とても心強い味方のアイテムです。

骨盤の回復をサポートする効果もあり、妊娠でホルモンバランスの変化によって出産に向けて徐々に骨盤が緩んでいき開きます。一旦骨盤が開くと、必ず自然には元には戻らないです。

ガードルを着用すれば、開いた骨盤を引き締めるながら子宮等の内臓の位置を整えてくれます。これによって、健全なボディーバランスを取り戻す効果があります。見た目を補正するだけではなく、腰痛等のインナートラブルを防ぐためにも非常に効果的です。

次の目標はワンサイズ下のギュギュギュです!

年々下腹が気になってきたのですが、ダイエットの効果も維持できず虚しくなったので、手っ取り早く痩せて見えるものがないかと興味本位で探してみたら…。

ギュギュギュという骨盤矯正とボディメークができるハイウエストショーツがあって驚きました!

まず口コミを検索したのですが、ポッコリお腹や贅肉がギュギュギュと収まるという魔法の言葉の数々でした。
しかも痩せる効果もあるというので、一石二鳥!

早速試そうと思ったのですが、申し込みからかなり時間が経たないと商品が届かないらしく、待つのが辛かったです。
待ちに待ってようやく届いたので、ギュギュギュを履いてみました。

ウソのようにお腹が引き締まった上に、もっと驚いたのがヒップラインもキレイになったことです!
思わずタイトなパンツを履いて出掛けてしまいました。
少し心配だったのが洗濯だったのですが、ネットに入れて洗えばワイヤーも歪まずに洗えます。

色落ちだけは若干するので黒いものと一緒に洗ってます。
個人的に気をつけた方がいいなと思ったのがサイズ選びです。

私はSサイズでもぎりぎりいけるかも思ったのですが、口コミで伸縮性はまあまあというのがあったので、Mサイズにして丁度良かったです。

痩せてSサイズにすることを目標にしています。

【あなたにオススメ】骨盤ガードル「ギュギュギュ」